sub01_main

●長池の概要

gallery05_205

長池が最初に作られたのは約200年前。
長池の面積は、昭和時代の計測で
昭和27年:26,579㎡
昭和43年:26,631㎡
昭和60年:21,239㎡と少し狭くなり、
昭和60年時の水深は4.2m、
貯水量は61,300㎥ということですが、
その後特に記載されたものはないので、
現在も変わってないと思われます。

history01_103

これらの情報は平成4年に尾張旭市教育委員会が発行した 「尾張旭のため池」に掲載されていますが、25年前の書籍 なので、その後の詳細はよく分かりません。
長池という名前は、「上池、中池、下池」の3つの池が 長く連なっているところからつけられたと考えられています。
寛文村々覚書に「長池三ヵ所」と記されています。

●城山公園全体

history01_101

城山公園には、長池の他にスカイワード、旭城、古民家などの文化施設があり、
野球場、テニスコート、弓道場などのスポーツ施設も充実しています。
また、公園全体で行われる桜祭りや尾張旭市民祭など大きなイベントには、 尾張旭市内外から多くの人が訪れます。
詳しくは「イベント・ニュース」
「公園内施設」のページで確認ください。

●スカイワードあさひ

park01_101

スカイワードあさひは、1992年に市制施行20周年を記念して城山公園内に建てられました。
施設内には、展望室や天体観測施設、民俗資料の展示室などがあります。
天気が良い日は、展望室から東は猿投山、西は鈴鹿山脈なども眺望できます。
四方のパネルに詳しく書かれています。
詳しくは「公園内施設」で確認ください。

●旭城

park02_101

旭城は1977年(昭和52年)に城山公園に建てられた模擬天守閣です。
内部は1Fがレストラン、2F茶室、3F休憩所、4Fが展望台となっています。
2010年から毎年行われている「田んぼアート」は、 4F展望室から最もきれいに見ることができます。
詳しくは「イベント・ニュース」
「公園内施設」のページで確認ください。